ORGANIC LIFESTYLE

春の訪れ

2014.3.13

コート・ド・カシのある場所は例年雪はほとんど降りません。でも今年は

とてもとても寒く雪も降りました。寒さに耐えるのに少し疲れたころ、家の

前に植えた河津桜がぱらぱらと咲き始めます。「冬もあと少しで終わり

ですよ。春はもうそこまで来てますよ。もうちょっとがんばろうね。」と

語りかけてくれるようです。この写真は2月に東京で大雪が降った翌日

のものです。鮮やかな桜色が青い空によく映えています。 どんな時でも

春は必ず来てくれます。 有難いことですね。      

昨年の暮れにWEBサイト本編に登場したエコバッグを紛失。

必死に探したけれども見つからずじまい。さらに今年に入って2,3

回外出時にエコバッグを忘れてしまい、やむなくデパートの紙袋を

いただくという事態に。こうなったら、各バッグ専用のエコバッグを

購入しようと思いダイソーへ。かわいいエコバッグを発見。縫製も

けっこうしっかりしているので色違い柄違いで大人買い!!

久しぶりにテンション上がりました。ハイブランドのバッグの大人買い

は一生出来そうにないけど、100円ショップならお財布にもやさしい。

満足満足。

全国的に今年の冬は大雪で寒さもひとしおです。

雪が止んでも日陰にはいつまでも雪の塊が....。空気は冷たく

寒い日が続いていますね。こんな時は身体がついていけずに

風邪も引きやすいです。風邪の予防には生の金柑のまるかじりが

いいと聞き私も実践しています。金柑は甘く煮て食べる食べ方しか

知りませんでしたが、生も美味しいです。できれば無農薬がいいの

ですが、ないので減農薬のものを食しています。冬は身体にもお肌にも

過酷な季節ですね。身体にいい食べ物とプラセンタでこの冬を乗り切ります。

ちなみに虫刺されにはあのキンカンを何十年も愛用しています。あれを

越えるものはないです。ヌメロトワもそんな風な商品になれれば嬉しい。

昨年の12月ぐらいから目の下のお肌が何だか変。パリパリした感じで

細かいシワが.......。実はそうなる前に目の下の横ジワ対策に寝ている

間じゅう伸縮タイプのパックを数か月貼り続け、やりすぎて接触性皮膚炎

のように赤みが出てしまいました。これはいけないと思い夜通しパックは

やめました。赤みがなくなっててもシワシワがなくならない。オイルを多めに

つけてもなくならない!はて?どうしたものか...。JBPナイトセラムをもってしても

年齢には勝てないのか。と落胆したのですが、あっそうだ、JBPナイトセラム

を直接小じわにつけてみたらどうかしらと、先週あたりからそれを始めたら

なんと小じわが目立たなくなってきました。

以下、乾燥小じわ撃退!!のJBPナイトセラムの使い方です。

 夜、洗顔後 JBPナイトセラムを小じわに直接つけてなじませます。

 その後、今まで同様に私の場合は乳液にJBPナイトセラムを8滴混ぜて

 顔と首に付けます。その後、アロエベラジェルとブレンドオイルとJBPナイト

 セラムを混ぜたものをつけます。ただアロエベラジェルの量を減らしてブレンド

 オイルの量を多くしました。その後、前はJBPナイトセラムとオイルを半々混ぜた

 ものを目のまわりにつけていましたが、お肌が弱っているときはあまり物理的

 刺激も与えない方がいいのでこのステップは今はやめています。

そして、JBPナイトセラムは夜だけの使用で通常は十分ですが、今は朝もJBPナイト

セラムを直接小じわに付けています。この朝晩直接JBPナイトセラム使用を4日間

続けたら、お肌のパリパリした感じもなくなりびっくりするぐらい乾燥小じわが緩和

されました。すごいすごい!よかったよかった!!

あともうひとつ、夜寝るとき、ベッドのそばにパナソニックのナノケアーも置いてます。

お肌にいい湿度は60%だそうです。この器械でどのぐらいになっているかはわかりま

せんが、何も使わないよりはいいのだろうと思います。

前回のブログで「お花が綺麗でいるために環境もとても大切。」と書きましたが、お肌も

同じなのでしょう。。環境を整えて、頼れる化粧品を効果的に使うことが大切なのですね。

年末にバラの花束を買いました。

本当はリビングやダイニングテーブルにお花を飾りたいところ

ですが、リビングやダイニングは暖房が効いていて暖かい。

こんな寒い季節には人には暖かい場所が居心地がいいもの

ですが、お花にとっては居心地があまりよくないらしいです。

そこで暖房を入れていないキッチンの片隅に置いてみたら

3週間近く綺麗に咲いてくれました。キッチンに花があると

台所仕事にも華やかさと楽しさがプラスされます。そしてわか

ったことは長く綺麗でいるためには環境もとても大切だということ。

このお話しの続きは次のブログで........。