ORGANIC LIFESTYLE

いつかまた猫を飼いたい...そんな風に思っていたら、年末に前に

ペットシッターをして下さっていた方から連絡があり、鹿児島在住

のご友人が猫の赤ちゃんを保護して、里親を探しているとのこと。

3匹の小さな小さな猫の写真を見た時に、是非我が家に!と即答し

ました。 この猫ちゃんはその3匹のうちの1匹モアナ。

こんなに早く実現するいつかもある一方でいつか....と思っていて

とうとうそれが夢に終わってしまうことも。


大好きだった従兄が67歳で逝ってしまいました。海のそばに住んで

いた従兄の家を毎年夏に訪れていました。

正輝、だからみんな「まあちゃん」と呼んでいました。本当に優しくて

真っ黒に日焼けして笑顔がとっても素敵な従兄のまあちゃん。

毎日毎日、従兄と兄と私と母で堤防に沿った海水浴場までの道を炎天下

の中、みんな水着一枚で歩いて行った。途中で食べるバニラアイスを

オレンジ味の氷でコーティングしたアイスを食べるのがとても楽しみ

だった。日がな一日海で一緒に遊んだ。かなずちの母は傘の下でずっと

海で遊ぶ私たちを見守っていてくれた。

たぶん人生で一番楽しかった思い出。そんな従兄は20代の時に事故で

車椅子の生活に....。小学校を卒業してからは訪れることがなかったけれ

いつも心の片隅にどうしているか思っていました。いつか会いに行きたい

と...。おととし母の思い付きで何十年ぶりかにまあちゃんに会いに行きま

した。本当に嬉しかった。まあちゃんもとても喜んでくれた。

「沢山遊んでくれてありがとう。私の一番楽しい大切な思い出。」と私。

嬉しそうに微笑んでくれた。ずっとずっとまあちゃんに伝えたかったこと。

優しい笑顔はそのままだった。抱きしめたかったけど、そういう習慣が

ないからその衝動をこらえるのに必死だった。写真撮ろうかと思ったのだけ

ど、またいつか兄も連れて車椅子のまあちゃんと、脳出血の後遺症で杖を突

きながらぎこちなく歩く兄と一緒に思い出話をしながら堤防沿いの道を海ま

で歩いて行きたいな...って。写真はその時にと。一昨年のまあちゃんはとっ

ても元気そうだったのに。 あの時思いっきり抱きしめておけばよかった....。


そう、いつか母を抱きしめたいとずっと思っています。日本人は親子でそう

いう表現をしないことが時々とてももどかしく感じます。実家から帰る時に

見送る母を見ながらいつもギュッと抱きしめたいなって思うけど、なかなか

できない。このごろ少しずつ色々なことが分からなくなってきている母。

たまにお互いニクタラシイナと思うことはあってもこの世でたった一人の

存在。

ギュッと抱きしめたい.....。私が貴女の娘であることがわからなくなる前に。

いつかが永遠のいつかにならないうちに.......。


甘えん坊の猫ちゃんたちを抱きしめてみようか...。

バタバタバタ。バタバタバタ。

夜の大運動会中の猫たちはそれどころではないらしい....。

「こらっ!そこ乗っちゃだめでしょう!!もお~」

彼女たちは大きくなったら、無邪気にみんなで楽しく遊んだことを懐かしく

思い出したりするのだろうか? そうであってほしい❤❤❤


LOVE&PASSION❤2018

2018.12.31

今年も残すところあと数時間。今年もあれよあれよという間に過ぎていき

ました。毎年同じことを言っているような気もするけれども、この仕事を

始めてから、特にこの3年間ぐらいは自分の頭の中のほとんどが仕事の事。

でもそれは決して嫌な事ではなく、自分が選んだ道だから、出来る限り

最大限のことをしたいという自分の望みでやっていること。大変だと思う

事もありながらも楽しくやっています。

仕事では頑張れたこと、力尽きて頑張れなかったことそれぞれあるけれど、

(例えばインスタグラムの投稿は力尽きて途切れがち....)

プライベートのフランス旅行もとっても得るものが多かったし、大満足の

一年だったかもしれません。この写真はサントロペの近くのビーチクラブ

での一枚です。LOVEという飾り、ユーモラスなマルシェバッグがとても

素敵。このビーチクラブも愛と情熱にあふれていました。スタッフもとても

楽し気に仕事をしていてとっても親切。しつらえてあるものすべてに愛を感

じるぐらい。一つ一つのものが吟味されて愛情をもって置かれています。

何一つおざなりな物がない空間。フランス人のこういう感性が大好きです。

何事においても大切だなと思うのは愛と情熱。

自分の仕事ではショッピングサイトで商品レビューができるようになってお

客様が喜んで下さっているレビューや以前の注文の際の事を覚えていてくだ

さってお礼などを言っていただくこともあります。

前からのお客様の中にはご注文の時に温かいメッセージを書いてくださる方

もいらして、とても励ましていただいています。こんなやり取りが何より

私を元気にしてくれるし、この仕事やってて良かった!と思う瞬間です。

資本主義でのビジネスは利益至上主義だから、数字ばかりを追いかけてしまい

がちだけれど、私にとっては数字がすべてではないのだと改めて思いました。

ビジネスですからもちろん売り上げが伸びれば嬉しいです。私がこの仕事を

始めたきっかけは自分が使いたいものを作りたいという思いでした。そして

経済的に自立したいという思いもありました。でも仕事をしていて一番嬉し

い瞬間はお客様がヌメロトワを喜んで下さっている、応援してくださってい

ると感じる時です。

来年は年女。48歳だったらいいのだけど、もう還暦。普通だったら引退して

もいい年齢。でもでも愛と情熱が続く限り、この仕事続けます。

寝ても覚めても!?仕事仕事、仕事一色で家事がおろそかになりがちな私を

不満も言わずに掃除、洗濯以外の家事を積極的に協力してくれて、

優しく稀に厳しく叱咤激励しながら見守ってくれている夫に感謝です。

そう、プライベートでももちろん愛と情熱は大切ですね。あれっ?

どこいっちゃった?...アイとジョウネツ。おーい!どこダア~!?

それでは、来年も皆様にとってよい年でありますように❤

ふー!!

2018.11.28

行って参りました。チャーリープースのコンサートへ。今どきは

”ライブ”というのでしょうか?2015年から若かりし頃のように

洋楽(今や死語でしょうか?)を聞くようになり、その中でも好き

な歌手、もとい、アーティストです。でも私は彼の横顔しか知らな

い。何故なら持っているCDのジャケットが横顔だったから。

ステージに少し明かりがつき、暗闇から人が出て来た時、みんな

一斉に立ち上がり、歓声が沸いた。でもチャーリーじゃなかった。

次に誰かが出て来た時も歓声が沸いたけど、本人じゃない。私と同じ

でみんなも横顔しか知らないのかしら? な、わけないですね。

4人目ぐらいにようやく本人が現れ、大きな歓声と拍手。すごいですね~

今時の観客は1曲目から総立ちです。立たないと見えないから私も老体

に鞭打って立ちました。ステージが遠いので本人よりスクリーンの彼を

見ることが多く、そこで気が付いたのが音と口が合っていない!!

「えっ!まさかの口ぱく!?」と思い始めたら気になってしょうがない。

でも口パクではないことがわかって一安心。

30年ぐらい前とはコンサートも様変わり。入口でバッグの中を係員がチェ

ック。「カメラはないですね?」とカメラチェックしていたけれど、

会場ではみんなスマホで撮り放題。何のためのチェックだったのでしょう

か? そしてみんな見事に歌詞を覚えて一緒に歌う場面もしばしば。

ジュリーのコンサートではあり得ないであろう光景が...。私は事前の聞き込

みが甘かったのでもちろん歌えず仕舞い。

およそ1時間半、ず~と立ちっぱなしで体揺らしっぱなし。スローな曲でも

立ちっぱなし。結構身体はきつかったけど楽しかった!!

アンコールは1曲。それも昔は一旦ステージから去って観客の拍手に応えて

ステージに戻ってきて2,3曲やるのが常でしたが、今どきは「これが最後の曲

だぜ!!」と言って、それを歌い終えて「もう1曲聞きたいかい?」と問われ

「イエー!!」と答え、最後に1曲歌うという、極めて合理的なやり方。

会場の明かりもすぐつきます。あまり余韻がないといえばないですが、

やっぱり生はいいですよ。I love music ❤

これからも機会があれば必ず好きなアーティストのコンサートには足を運び

たいと思っています。80歳になるころにはコンサートはどんな風に様変わり

しているのでしょうか? それもまた楽しみですね。


またまた今年の6月の南フランスを訪れた時の話です。いつまで余韻に

浸っているのでしょう。それだけ色々感じるところのある旅でした。

この写真はユゼスという古い村に滞在した時にマルシェに行った時の

一枚です。羊のチーズを売っているお店でした。左側に可愛い羊の絵が

描かれた包装紙を見た時、なんてかわいくて素敵な計らいなのかしら!!

と思いました。お客様が欲しい量のチーズを切ってそれをこの紙で羊さん

が丁度見えるようにラッピングして売ってました。買いたかったのですが

買わず仕舞い。残念。

マルシェを見ながら気が付いたのは日本のようにやたらにレジ袋を使わない

ということ。このお店のようにそれぞれがチャーミングな紙の包装紙や紙の

袋を使っているということ。お客様はそれをマルシェバッグに入れて持ち帰

ります。それをとても当たり前のこととしてやっていること。とっても素敵

だなって思いました。なぜ日本では未だにレジ袋をもらうことに何の抵抗も

感じない人が多いのでしょう。エコバッグを使うことは習慣にしたら、とて

も簡単です。そして気持ちがいいです。是非お勧めです。綺麗な海のために、

魚たちのために。

そしてもう一つ羨ましいなと思ったのは買い物をする時に人と人とのコミュ

ニケーションがあること。

「♫くださいな♪」

「へい、いらっしゃい」

「きゅうり3本くださいな」

「いつもおつかいしていい子だね。120円だけど、20円おまけしとくよ!!」

と言って、新聞紙にきゅうりをくるんでくれた。

昭和の、私が小さかった頃の記憶。こんなやりとりが何だかとても懐かしい。

フランスのマルシェでこんなやりとりがあるのかどうかわからないけれど、

こういう昔からの文化や生活のスタイルが今の時代でも存続していることが

ひどく羨ましく感じる今日この頃です。

古いものがどんどん無くなって、”綺麗”に”便利”なっていく東京、日本。

それがいいのかどうか...。

欲しいものはネットでバンバン買えます。本当に困ったものです。消費が

止まりません。誰か私の「ポチ」する手を止めてくださ~い。

リターゲティング広告の誘惑に負けてしまう私。リターゲティング広告

っていうのは例えばどこかのショッピングサイトを一度クリックするとその

後からパソコンの画面の上とか右にその商品の写真がしつこく出てきた経験

はどなたもお持ちだと思いますが、それです。私はストーカー広告と呼んで

います。’我慢しよう!’と思った靴とか洋服とかがまた出てくると未練がましく

またポチして...そしてポチして..ポチして..あっという間にご注文完了!

やってもうた~~。なんです。

ヌメロトワもリターゲティング広告を薦められましたが、う~んどうなんで

しょう? 逆の意味で未練がましくないですか?やった方がいいですかね~。

例えば振られた場合、未練がましく追いかけると余計嫌がられますよね。

服とか靴は別ですけど、サプリとかはそれに近いような気がするのですが。

ネット販売はお客様の顔が見えないのである意味難しいです。

ヌメロトワも「♫くださいな♪」のような販売もしてみたいです。

旅の醍醐味。

2018.9.30

地中海沿岸を旅するのが好きな理由の一つは石造りの家を華やかに飾る

ブーゲンビリアです。湿度の高い日本ではなかなかお目に掛かれないので、

私の憧れの一つです。サントロペで晩御飯にタイ料理のレストランに

行った帰りに出逢ったもの。その見事さに思わずパチリ。

そのタイレストランはトリップアドバイザーでも高評価で美味しかった。

近頃はグーグルマップはあるし、トリップアドバイザーのような

サイトもあるし、本当に旅が楽に楽しくなりました。その日は店先の

オープンエアの席でいただきました。その時の話です。

隣の席には若い女性と母親ほど年の離れた女性(母ではなかったよう)

の二人連れ。おもむろにタバコを吸い始め、

「吸っても構わないかしら?」

「全然大丈夫ですよ。」と私たち。

女性二人は前にも来たことがあるようで、レストランの人と

「あらっ、覚えてくれているの!この間はとても美味しかったからまた

 来ちゃったの❤」

と二人ともそれはそれはとても楽しそう。

その何分後かに後ろの席に男性の4,5人のグループが着席。しばらくすると

「悪いんだけど、たばこやめてもらってもいいかな?」

「あらっ!ごめんなさい」

「僕たちはたばこは吸わないんで...」

「あら、それは健康にいいわね」

「吸わない方が君たちの健康にもいいと思うよ。」

「その通りよね~」 

のような会話が繰り広げられていました。

フランスではテラス席などオープンエアの場所は一応喫煙OKだったと思う

のだけど、女性二人は注意を受けたわけです。私たち日本人がこの女性たち

だったら、その後どうするでしょう?

その後は......こんなでした。

「ところであなたたちどこから来たの?」

「僕はニューヨーク、彼はロンドン、彼はオーストラリアだよ。君たちは?」

「ドイツよ。彼女はニューヨークに住んでいたことがあるのよ」

「へえ~そうなんだ。どこに?」

「いろんな所よ。ブルックリン、とかバ...バ....バ..。」とこんな感じで

とても楽し気に会話を始めたのです。

この光景を見て、私は2つのことに文化の違いを感じました。一つはまず

日本人ならタバコがいやな人が席を移るか黙ってがまんしたりすると思いま

す。一応外の席は喫煙OKなわけですから。もう一つは注意を受けたら少な

からず「チッ!ここは喫煙OKでしょう。」と内心思ったり、悪びれたりする

のがたぶん普通かなと思います。注意をした人と楽しく会話しようなんて

毛頭思いません。

それともこれは新手の逆ナンパ術なのでしょうか? 或いは男性グループの

顔は見なかったですが、注意を受けても話したくなるようなよっぽどのイケ

メンおじさん達だったのでしょうか?

今となっては確かめようがないですし、その後彼らがどうなったかもわかり

ません。

同じような光景をビーチでも見かけました。10代後半ぐらいの兄弟が波打

ち際で卓球の大きい板のようなものでボールの打ち合いを黙々とやっていた

のです。

「コーン、コーン」規則正しく音がします。しばらくすると近くにいた水着

姿の年配の男性が近寄って行って、何やら話しています。その後その兄弟は

その遊びをやめて自分たちのサンベットのところにそそくさと戻っていきま

した。会話は聞こえなかったけど....。どんな会話があったかは想像に難く

ないです。

その男性はトップレスのやはり年配の奥さんらしき人がいるサンベットに戻っ

ていきました。女性がトップレスだから間違いなくフランス人です。年配の

方のトップレスはかなり厳しいものがありますが、それがフランスなんです。

「トップレスやめてもらったもいいですか。」なんて絶対に言えません。

私たち日本人は割と公の場では我慢することを良しとしますが、欧米の人は

そうじゃないようです。もちろん人によると思いますが..。そしてそれが当

たり前だから注意を受けた方も「あら!ごめんなさい」とサラッと受け流し

殊更悪びれることもないのでしょうか。私みたいに喫煙OKの焼き鳥屋さん

のカウンターで隣の席の男性がタバコをスパスパ吸っていた時、脳内でガン

飛ばしながら!?「いやだわ~今時、食べ物屋さんでタバコ吸うなんて!!

そりゃー喫煙OKだけどさあ~。」なんて思っているよりきちんと伝えた方

がよっぽどエレガントなのかもしれません。

でもやっぱり我慢するだろうな..。 

こんな風に文化の違いや多様性を見て経験するのも旅の醍醐味です。

今、日本人の若い人で留学する人や海外に行く人が減っていると聞きました。

今やインターネットやSNSで日本にいながらにして世界中が見られるし、

海外の人とコミュニケーションできるからでしょうか。でもでもやっぱり生

で体感する方が断然面白いと思います。